本日は、くまひげ先生の「プライス・ストラクチャーFX」を実際に購入し、

メタトレーダーにインストールして実践してみた結果をご報告致します

 

ちなみに、「プライス・ストラクチャーFX」とは

こんな感じでトレンドの強弱を色で識別出来るシグナルソフトです

トレンドの状態を色と音で識別出来るので

非常に重宝しているアイテムのうちの1つです。

プライス・ストラクチャーFXの詳細ページをみてみる

 

そう言えば「FXバックドラフトPRO」も再販が決定した様です。

プライスストラクチャーに比べ、価格もかなり高額。

 

私は「FXバックドラフトPRO」を既に持っていたので、正直購入を迷いましたが、

販売者の白水様の対応がとても良かったのと、

7月31日迄の限定価格ということなので、思い切って購入してみました^^

早速システムをダウンロードし、検証スタートです。

 

ドル円・ポンド円で同時エントリー

左・・・ドル円5分(TC26)

右・・・ポンド円5分(TC56)

 

【検証結果】

ポンド円・・・+9.9pips

ドル円・・・+5.2pips

2通貨合計約15pipsの利益獲得です。

初っ端からかなり良い感じです^^

 

【実践時の相場の状況】

上記は昨日~本日にかけての1時間足チャート

御覧のように売り優勢な相場です

 

まぁ、チャートの読み方っていうのは、トレーダーにより判断基準が異なると思いますが、

私的にはショート目線で入った方が勝率が良いと判断出来る相場です。

ですので、当然昨日もショート目線で戦略を立てておりました。

 

シグナルを確認した頃も、状況的には右肩下がりのトレンドです。

同時にドル円も同様の動きをしていたのは言うまでも有りません。

 

ドル円とポンド円同時にエントリーした理由について

対円絡みの通貨ペアは、似たような動きをする傾向があります。

また、同じ対円通貨でも通貨ペアにより動きのボラが異なってきます

ポンド円

ユーロ円

ドル円

 

一慨に言えることではありませんが、

上記の順にボラが小さくなる傾向があります。

ドル円が初心者向けの通貨であると言われているのはこの為です。

 

ドル円は他の通貨対円通貨に比べ、動きが小さい傾向が有る為

安定した値動きになります。

 

ちなみに、ポンド円やユーロ円はクロス円と呼ばれていますが

ドル円はドルストレードになります

 

ポンド円・ユーロ円の値動きがドル円よりも激しい理由は、

ドルストの影響を絶えず受ける為です。

初心者の方はまずはドル円から入ることをお勧めします。

 

プライス・ストラクチャーFX 初日の実践まとめ

【検証結果】

ポンド円・・・+9.9pips

ドル円・・・+5.2pips

 

今回は実践初日ということもあり、

”3秒脳活トレード”

。。。。は少々タイミングにおいて無理でしたが、

 

エントリーサイン点灯時は繰り返しアナウンス

(これでもか!!ってほど何度もアナウンスがあります)

ですので、初心者の方でもタイミングを逃す恐れは無いと思います

 

シグナルの頻度は、他のシグナルに比べ若干少なめです。

サインが最も発生しやすいタイミングは

押し目・戻りを狙うパターンで発生する傾向が高いと感じました

 

ちなみに、

”プライスストラクチャー”

とは、D'rくまひげさん曰く

「相場を建造物の様に価格の構造を捉えるテク」

だそうです。

 

一旦価格が落ち(上昇)、再び噴き上がる(暴落)所を狙う

押し目・戻り狙いは一般的に高勝率なエントリーパターンであり。

正に「プライスストラクチャー」と言えるのではないでしょうか?

 

実践初日ではありますが、

かなり優秀なシグナルではないかと評価出来ます^^

 

PS:

テキストページはかなり本格的な内容です

是非こちらも目を通してみることをお勧めします!!

プライスストラクチャーテキストマニュアル

本日全てのテキストを読み終えました^^

なかなか満足感の高い内容です。

プライスストラクチャーFXの詳細はこちら