こちらは一昨日、携帯で取引した時の画像です

yazirusiyazirusiyazirusi

EURJPY +7pips

11119131_796362903774191_4134362263214792963_n

丁度、落ちた所を狙ってエントリーした時の結果です。

上記のチャートは決済後わずか数分後のチャートです。

この相場では+7pips獲得しました^^

0511eurk

 

実は、この日は似たようなタイミングで午前中にもトレードしました。

その結果がこちら▼

EURJPY +6pips

0511aur1

取引結果はこちら▼

0511aur2

2回の取引で合計11pipsを獲得しました^^

 

普段色んなチャートを使っていますが、

パソコンで取引する場合は、ドラストFXか、プラチナで取引しますね。

パソコンを開いていない時はスマートフォンで取引します。

ちなみに、スマホで使っているのはGMOの「FXロイド」です。

初めは使いにくかったですが、最近ではかなり重宝しています。

 

スマートフォンの場合、シグナルサインはありません。

自分の目で見てエントリーを判断しております。

FXには「売りエントリー」「買いエントリー」の2種類しかありません。

 

では売りと買いではどちらの方が勝ちやすいのか?

あくまでも、私がこれまで取引してきた経験からしてですが、

 

売りの方が圧倒的に勝ちやすいです。

なぜなら、相場は常に投資家達の心理で動いているからです。

 

例えばドル円がその日、1日で100pips上昇した場合

考えられる要因として、急激なドル買いが起こったことが考えられます。

円売り・ドル買いなんてキーワードもよく耳にしませんか?

何らかの要因でユーロ買いが起きれば、ユーロの価格は必然的に上昇します。

 

pointなぜ「売りエントリー」は高勝率な傾向にあるのか?

kakou

基本的に、上昇トレンドは一定のリズムで高値を更新する傾向がありますが、

下降トレンドの場合、一気に5分くらいで10~30pips近く暴落する場合もあります。

「ヤバい、、もう売らなきゃ」

。。。。こんな焦りの心理が急激な暴落を招く場合もあります。

 

今から3年前は超円高の時代と言われていました。

円高の原因の1つがユーロ危機が主な原因でしょう。

この時は私は専ら売りトレードが多く、かなり儲けさせて貰った記憶があります。

当時の暴落ぶりは半端無く、1回ブレイクて利食いした後、

直後に追加でエントリーするトレードスタイルが多く

特にユーロ円、ポンド円の暴落が半端無かったと思います。

 

上場トレンドも同じだとは思いますが

暴落時の時は一気に大きな利益に繋がることが多く

トレンドに乗る快感を経験すると病みつきになりますよ^^

その時の癖が根付いている為か

今でもロングよりもショートでエントリーすることの方が多いです。

 

ちなみに、昨日のトレードはロングメインでのエントリーですが、

0521eur

まぁ、こんな時もあります^^

 

が、今までのトレード歴をトータル的に見ると

やはりショートのほうが多いかも知れません。

この調子で頑張りたいと思います♪♪