管理人です。

先日ご紹介したマーフィーの最強スパンモデルFX

ゴールデンスパイダーFX(ゴルスパ)の比較検証を行ってみました。

 

ちなみにスパンモデルとはマーフィー(柾木利彦)さんが独自に開発した

スパンモデルとスーパーボリンジャーの売買ロジックが公開されている商材です。

スパンモデルFXの詳細を見てみる

 

さてこのスパンモデルですが

果たしてゴルスパと同時に表時させるとどうなるのか?

 

こんな感じです

ゴルスパFX、スパンモデルチャート

左・・・ゴルスパユーロ円5分足チャート

右・・・スパンモデルドル円30分足チャート

 

今回はあえて検証のためスパンモデルのチャートを30分足にしましたが

スパンモデルは全てのチャートに対応しています

 

チャートをご覧頂くとお判り頂けると思いますが

ユーロ円もドル円も右方下がりな相場であることを表しています。

 

クロス円は似たような動きをする傾向があるので

この場合はショートが有効な相場であると考えられます

 

実はこの前日、下げの大きな窓開けの状態で相場がオープンしました。

このところ円安状態が続いていたので、窓開けが起きても窓埋めがあるだろうと予想していましたが

相場はレンジが続き一行に上がる気配を示しません。

ドルは103円まで回復するには未だ時間がかかるように思われます

 

ゴルスパFXとスパンモデルを併用するメリット

ゴルスパFXはご存知のようにトレンドライン自動表示インジケーターです。

しかし、トレンドラインだけでは相場の状況を判断するには困難な場合もあります。

 

そこで上記のようにスパンモデルとゴルスパを一緒に併用することで

相場の状況を判断しやすくなります

 

スパンモデルは雲の状態で現在の相場の状況を容易に判断出来るテンプレートです

 

視覚的にトレンドの状態を把握出来ます

ゴルスパとスパンモデル双方のメリットを併用すれば

トレード戦略が立てやすくなり、トータルの利益もアップが期待出来ます

あくまでも私のやり方ですが

ゴルスパとスパンモデルはかなりトレードに役立つツールです。

 

今後も両者を活用していこうと思っております^^

⇒ゴルスパの詳細はこちら

⇒マーフィーのスパンモデルの詳細はこちら