FX実践チャート

相場には以下の2つのパターンがあります

「勝ちやすいパターン」

「負けやすいパターン」

FXで利益を継続して出し続けていくには、

勝ちやすいパターンをある程度把握しておくと有利です

 

冒頭でご紹介したパターンも実はある鉄板パターンが潜んでいます

このパターンは窓埋めという鉄板パターンです

EURUSD 5M

窓埋めチャート

 

窓埋めとは、窓が空いた時に起こりうるパターンであり

週明けの相場によく出現しやすいパターンです

 

但し、窓が空いたからと言って必ずしも「窓埋め」が起こるとは限りませんが

窓埋めは私的にはかなり鉄板だと思っております^^

上記の相場では、窓を埋める形で11pips獲得しました。

 

窓埋めの効果的な利食いのタイミング

「窓埋め」が起こるタイミングは相場によってパターンが色々あります

 

私の場合は、まずこのようにラインを引きます

こちらは15分足です

 

レジスタンスラインを超えたら”窓埋め”が起こる可能性が高くなるので

ここでは買いを入れました。

 

但し、この相場は全体的に下げトレンドであるため

窓埋めで着実に、買いでポジションを取る場合はリミットの設定が重要になります

 

この様に、窓埋めで利益を獲得するためには

前後の相場の動きが利食いの鍵となります

 

窓埋めは決して100%起こりうるものでは御座いませんが

結構頻繁大きな価格変動が有った場合などに起こりうるパターンなので

覚えておくとトレードが有利になります^ー^

 

こうした相場の鉄板パターンは全てラインから導き出されます

 

このブログでも過去に様々な鉄板パターンをご紹介してきましたが、

やはりライントレードは最強の手法では無いかと思います

>>>ゆめ一押しのライントレードソフトはこちら