FX実践チャート

前回の記事でも触れてみましたが、

相場には以下の2つのパターンがあります

「勝ちやすいパターン」

「負けやすいパターン」

FXで利益を継続して出し続けていくには、

勝ちやすいパターンをある程度把握しておくと有利です

【参考記事一覧】

FX勝利の方程式~相場の勝ちパターン

↑これは良く見かけるパターンですね^^

 

こうした鉄板相場を活かし、スパンモデルなどの騙しを見破ることも出来ます

スパンモデルの騙しを見破るには?


相場というものは24時間ひっきり無しに動いております

数学の様に、A=Bというような公式があるわけでは無いので

全く同じ波形が出現することはまずありません。

 

しかし、相場というものは人の心理で常にレートが変動しています

この辺を理解しておけば、

例え100%じゃなくても、勝ちやすい相場というものは存在します

 

例えば、私はブレイクに乗るのが得意です

大きなトレンドに乗って一気に利食出来る時は本当に興奮しちゃいますね^^

 

ブレイクの初速を捉えるには?

ちなみに、簡単であはありますが

わたしの場合はラインをブレイクの判断材料にします

 

上記は5分足です。

ブレイクに乗るコツは、やはりいかに初速を捉えられるかによって決まってきます。

ローソク足の勢いにも注目します

 

ブレイクアウトのパターンもある意味鉄板だと私は考えています

トレーダーによってこの辺は考え方が違ってくると思いますが

私はブレイクに乗るのが大好きです(*´ω`*)

 

ブレイクアウトには以下の2種類があります

レンジブレイク

 指標発表後に起こる突発的なブレイク


まず、レンジブレイクですが、そもそもレンジブレイクとは

相場のエネルギーが爆発した時に起こりうるもの

 

レジ・サポラインを突き抜けると一気にブレイクが起こる場合が多く

私の場合、エントリー後は、ターゲッティングを行いギリギリまで利食いします

 

時間足を長くすれば

トレンドハンターFXで紹介されているピラミッティングにも応用出来ます

この場合はややポジション維持する期間が長くなります。

 

一方、指標発表後などに起こる突発ブレイクの場合

発表数分前に動きが現れることがあります

 

↑こちらは2013年8月2日の米雇用統計時のチャート

よ~~く見ると、発表前に上長ヒゲがでていますね?

 

ちなみに、指標発表直後はテクニカルは一切通用しないことが多く

ローソク足の動きが頼りになります

 

まぁ、指標発表後の突発ブレイクに乗るには少々コツがいるので

万人向けのトレード方法では無いですが

私的にはかなり美味しい相場だと考えております^^

 

日々の実践の積み重ねが大切

FXで継続的に利益を出し続けるには

やはり裁量トレードがものを言う世界です。

決して楽して稼げる世界ではありません。

 

しかし、トレーニングの積み重ねにより、ここでご紹介した鉄板パターンを含め

利食い・損切りのコツを体で覚えていくことは十分可能です

 

本気で相場と向き合ってこそ

後に良い結果となって還ってくると思います(*´-`*)ノ

 

裁量が鍛えられる!!ゆめオススメの商材

マーフィーの最強スパンモデル投資法

視覚的にトレンドの状態を判断出来るので

エントリ-・損切りポイントを掴みやすいです

「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」はオススメのコンピです

 

マエストロFX

FX商材の中ではかなりロングランな商材です

佐野さんのトレード動画もオススメです

FXを専業にしたい方にもオススメです