こんにちは♪ゆめです。

前回の記事でも”ブレイクの初速を捉える方法”についてお話しました

 

ブレイクのパターンにはその場によって違います

本日はブレイクのパターンとそれぞれの戦略方法について

簡単にご説明したいと思います。

 

あくまでも私個人的な自己判断になりますので

参考程度にお願いしますごm(_ _)m

 

ブレイクの初速を捉えるには?

ちなみに、簡単であはありますが

わたしの場合はラインをブレイクの判断材料にします

 

上記は5分足です。

ブレイクに乗るコツは、やはりいかに初速を捉えられるかによって決まってきます。

ローソク足の勢いにも注目します

 

ブレイクアウトのパターンもある意味鉄板だと私は考えています

トレーダーによってこの辺は考え方が違ってくると思いますが

私はブレイクに乗るのが大好きです(*´ω`*)

 

ブレイクアウトには以下の2種類があります

レンジブレイク

 指標発表後に起こる突発的なブレイク



まず、レンジブレイクですが、そもそもレンジブレイクとは

相場のエネルギーが爆発した時に起こりうるもの

 

レジ・サポラインを突き抜けると一気にブレイクが起こる場合が多く

私の場合、エントリー後は、ターゲッティングを行いギリギリまで利食いします

 

時間足を長くすれば

トレンドハンターFXで紹介されているピラミッティングにも応用出来ます

この場合はややポジション維持する期間が長くなります。

 

一方、指標発表後などに起こる突発ブレイクの場合

発表数分前に動きが現れることがあります

↑こちらは2013年8月2日の米雇用統計時のチャート

よ~~く見ると、発表前に上長ヒゲがでていますね?

 

ちなみに、指標発表直後はテクニカルは一切通用しないことが多く

ローソク足の動きが頼りになります

 

まぁ、指標発表後の突発ブレイクに乗るには少々コツがいるので

万人向けのトレード方法では無いですが

私的にはかなり美味しい相場だと考えております^^

 

実践から学ことの大切さ

私は、比較r的ブレイクの初速を捉えることが好きですが

もちろん、最初から上手く行った訳ではありません。

初めは、エントリーしても直ぐに逆行した時も数多くあります。

しかし、ある程度練習していくうちに次第に感覚が身に付き

ある程度ブレイクに乗るコツが分かってきました

※決して100%ではないですが^^;

 

FXって簡単に稼げないからこそ奥が深くて面白いと思います

これからも役立つ情報配信に力を入れて行きたいと思います

(o・・o)/

 

ちなみに、ゴルスパFXだと自動でラインを引いてくれるので

簡単にブレイクのタイミングを判断出来ます

ちなみに、ゴルスパのラインは

太ければ太い程過去の圧力が大きいことを表します。

太いラインを突き抜けると「ブレイク」が起こる可能性が高くなります

 

ちなみに、このチャートを更に細かく分析すると

三角待合相場です

トレードをやっている人であれば一度は聞いたことあると思います

”三角待合”もブレイクが起こりやすいパターンなので

覚えておくと便利です^^

ライントレードは様々な相場に活用出来る王道手法です

→管理人オススメのライントレードツールはこちら