スキャルピングで重要な3っの要素とは?

 

スキャルピングは、手短に決済しなきゃいけないので

FXのトレードの手法の中でもかなり神経使います。

 

デイトレードやスイングなら、ある程度相場が動いている方向にエントリーし

ポジションを持ち続ければそれだけで利益が発生しますが

スキャルピングの場合、

とにかくタイミングが勝負です

 

スキャルピングは「売り」「買い」を何度も繰り返す為

スプレッドの狭さ・広さも利益に響いてきます

一般的なFXの書籍では、国内よりも海外の業者が推奨されていますが

国内業者はスプレッドが狭いので、ある意味オススメです

 

まぁ、レバ25倍と、400倍では資金効率の面で全然違ってきますが

国内業者は信頼度に関して抜群なので

最初は国内でも良いと思います

慣れたら海外の口座にも挑戦してみると良いでしょう。

スキャルピングで注意すべきポイント

エントリーのタイミング

反転手前で切る(決済)

ダメな時は潔く損切り!

 

私が日々のトレードで心がけているのは上記3っですね。

特に「エントリーのタイミング」は、少しでも多くの利益を獲得していく上でも重要です

 

また、ダメな時は潔く切るのも立派な戦略です

「どうせまた元に戻るでしょ。。」

・・と待ち続けても以外と戻るまでに時間が掛かってしまう場合が多く

ダメな時は見切りを付けることも大事だと思います

 

”損切りを徹底すること”

損切りは、投資の上では最も重要なポイントであり、

いつ戻るか分からない相場でポジションを持ち続けるよりも

一度決済して、新たにポジションを立て直した方が効率的です

 

決済は反転手前がベスト??

 

上記は、珍しく20分程度で30pis取れた時の実践チャートです

普通は10~20pipsを利食いの、目安にしています

 

相場は短い時間足であればある程小刻みに動くので

1分足、5分足がメインのスキャルピングの場合、

キリの良い所で決済します。

 

抵抗ラインに注意して、切り良く決済します

まぁ、抵抗ラインを更に突き抜ければ大きなブレイクも考えられますが

あまり欲張らないのもコツだと思います^^

 

こちらは鶴さんのスキャ手法実践の結果です

 

この時の1回のエントリーの利益幅は5~6pips

レバレッジを効かせて短時間で利益を出すことに成功しました☆

 

鶴さんのスキャルピング手法は結構鉄板なので

オススメです

>>鶴さんの鉄板スキャルピング手法の詳細はこちら